借入の基本知識がないのですが、パートの私でも借りられますか

借入の基本知識がないのですが、パートの私でも借りられますか

私はパートを行っている主婦なのですが、急遽夫に内緒で費用が必要となりキャッシングをしたいと考えています。しかし借入の知識も審査の基本知識もありません。こんな私でも審査は通るのでしょうか。またすぐにお金を手に入れることはできるのでしょうか。

十分審査は通ります。キャッシュもすぐにもらえます

まず審査を通す上で、安定した収入があるということが重要だわ。それは収入が高いから信用されやすいということではなくて、アルバイトであってもパートをであっても安定して返済する能力があるかという点をみられているのね。また他の消費者金融で借入をしているかどうかなどの経済状況も審査されるし、住居も状況、固定電話があるかなど様々な項目を審査していき、クリアされると融資されるのよ。限度額というものも人それぞれ違うので注意してね。月収10万円しかない主婦に1000万円を貸してしまっても返済できる可能性がないわね。なので審査に応じて設定されるわ。無事審査が通れば即日融資が可能になるので、その日の内にお金が手に入るのよ。審査も自宅ですぐにできるから簡単に進められるわよ。店舗に足を運ぶのは知人に見られる危険性があるので気が引けるという方も安心してご利用いただけるはずだわ。仮に審査に落ちてもたくさんカードローンやキャッシングの会社はあるので、他社の審査を受けてみてね。ただ一度の申し込んでしますと不利に働くので1社ずつ審査を行いましょう。

借入の際基本的に考えておかないといけない事はなんでしょう

借入を行う際様々な方法がありますが、基本として考えておかないといけないのは、まず借入の目的は何か、そしていくら借りるか、どこから借入を実施するか、そして返済はいつまでにするかということを予め決めておく事でしょう。

個人がお金を借りる場合、想定される目的はショッピング、カーローン、住宅ローン、教育ローン、事業用資金、冠婚葬祭、旅行などがあります。ショッピングでお金を借りる場合、食品、衣服、家具、家電製品、娯楽用品などが用途として考えられます。このうち食品は毎日の食事で必ず必要なものですから、いくつか買いたいものがある場合は最優先事項として考えるべきでしょう。つまりある程度のお金は食費に充てる必要がありますから、借りる場合もその分はとっておかないといけません。食費を度外視してファッションやスマホなどにお金を使うとさらにキャッシングが必要になる場合があります。そのような事を避ける為、食品以外のショッピングについては、高額のものについてはある程度延期するか諦める事が大事です。

カーローン、住宅ローン、教育ローンについても大きな負債を負うと返済ができなくなり、任意整理、特定調停、自己破産や個人版民事再生の可能性もあります。やはり各種ローンについても中長期的な収入の目処が立つまで延期または断念する決断が必要でしょう。事業用資金や冠婚葬祭は銀行などのフリーローンで借り入れができます。これらも出費は必要最低限に抑える決断が必要です。個人事業の一部を中止したり、冠婚葬祭へは欠席しどうしても必要な場合は祝電や弔電のみにする事が肝要でしょう。

借り入れの目的がはっきりしたらいくらどこから借りるかがポイントになります。金額としては月収や年収の何%にするかは個人の判断ですが、返済額は収入の20-30%以内に抑えた方がいいでしょう。そうしないとさらに借金が必要になり雪だるま式に負債が増えていく危険性があります。借り入れを実施する金融機関は銀行やカード会社、消費者金融などが挙げられます。銀行が最も安全な金融機関ですが、カード会社や消費者金融も銀行と提携していたりグループ会社である事が殆どですので、その会社の事業報告書や沿革などで確認しておくといいでしょう。

返済をいつまでにすべきかについては事前に決めておく事が大事です。いつ迄に返済しようと決めておくと月々の出費も控え確実に返済していく事が可能です。