個人の借入情報は数年経つと、削除されるってホントですか

個人の借入情報は数年経つと、削除されるってホントですか

私はこれまで何度か消費者金融での融資を受けていたのですが、今後のローンの審査の際などの際に過去の借入情報で不利になってしますのを恐れています。今後の人生において消費者金融での借入情報がずっとついて回るのが非常に嫌です。自分が借りたことなので自己責任だとは思いますが、10年以上前に当時経済的にも余裕がなく利用していました。あるところで数年経てば、個人信用情報機関から借入情報が削除されると聞いたのですが、本当でしょうか。ちなみに過去10年間は消費者金融等からの借入はしていません。

安心してください。5年経過すれば借入情報は個人信用情報機関から削除されます。

消費者金融での借入情報などの履歴は個人信用情報機関から削除されることになっています。いつまでも借りていた情報が残るということではありません。ただし期間があります。融資を完済してから5年間は履歴等の情報は残ります。ただしずっとついて回るものではないのでご安心ください。また、あくまで完済してから5年間ですので遅延状態であったり、まだ完済できていない状態であれば当然、情報は残ったままです。

住宅ローン等のことで過去の融資状況を気にされる方は多いですが、どうしても費用が必要で利用しなければいけなかったということもあるので、削除は行われます。自動的に削除されますので、特別申告などは必要ございません。住宅ローンを組むことが近い将来予定されているような方はできるだけ計画的に消費者金融からの融資などを利用することをおすすめします。

キャッシングをするときには個人の借入情報に注意をする

キャッシングは簡単にすることができるものですが、一つだけ注意をしなくてはいけないのは個人の借入情報が審査の基準として参考にされるということです。

この点だけを理解していれば、簡単にお金を借りることが出来ます。そもそも、キャッシングというのは一般の消費者に向けられた融資のサービスですので、誰でも簡単に借りることが出来るように審査も非常に甘くなっています。

実際、キャッシングの審査で参考にされることは以下の二つだけなのです。

まず一つ目は収入源の確認です。金融機関はお金を貸すことによって、その元金から莫大な利息の利益を得ることが出来ますが、そもそも元金そのものを返済してもらえないと大きな損失になってしまいます。そのため、最低限元金をきちんと返済してくれる能力がある消費者を選択しなくてはいけないのです。
元金を返済してもらうためには一定の収入が必要になりますので、これが一つの大きな基準となります。魅力的なのは、実はこの収入源はアルバイトやパートであっても構わないことです。職種を問わず収入源があればお金を借りることができますので、気軽にキャッシングの申請を行うことができます。

そして、次に大切になるのが信用情報という個人の借入情報なのです。金融機関は、返済能力のない個人に対してお金を貸すことができませんので、そのための判断材料とするためにこれからお金を借りる人が現状どの程度の借金を抱えているのかを調べることができるようになっているのです。どのように調べるのかと言うと、信用情報という情報を管理している機関に照会を依頼することで、簡単に調べることができます。金融機関は各々が抱えている債務者の債務の情報を共有することが許されていますので、この情報を見ることによって借入情報を知ることができるようになるのです。

ですので、キャッシングでお金を借りるときには他の金融機関からなるべくお金を借りていないことが大切なのです。