個人事業主が銀行からカード借りた場合にメリットはありますか

個人事業主が銀行からカード借りた場合にメリットはありますか

私は現在、個人で事業を行っているのですが、事業が軌道に乗ってきたため事業拡大を考えています。スピードが早い業界でもあるので、競合他社に追い抜かれる前に進めたいと考えています。しかしながら、十分に資金を投入できるほど資金が整っていないため、銀行からカードローンを考えています。我々のような個人事業主はノンバンクで融資を受けず銀行から融資を受けた場合に何かメリットはあるのでしょうか。

金利が安く融資を受けられます

銀行からの融資には、ビジネスローンという個人事業主や中小企業のための融資があります。これは個人の融資の際に必要となる担保や第三者の保証人がいらないのも大きなメリットかと思います。この時代は資本金1円からでも会社を立ち上げることができますので、個人事業主の方は非常に多いです。しかしながら少ないチャンスながら会社が飛躍的に伸びる可能性のある勝負時という場面が必ずあるはずです。その際に急に多くの資金を集めるのは大変ですよね。そういった際に銀行からの融資を受けることが役立つのです。

ノンバンクからの融資では、スピードの面ではメリットはあります。審査の期間も非常に短いですし、即日融資を受けることもできます。しかし銀行からの融資と比べると金利が高い面があります。銀行の審査であっても現在はとてもスピーディーですし、個人の融資審査と比べても書類の種類も少ないです。
どちらで融資を受けるにしてもメリットデメリットはありますが、その前にきちっとした中長期的な計画をしておくことが大切です。金利が低いといっても、事業に使う資金となると莫大な金額ですので、積み重なると返済が苦しくなってくるということも考えられますので。

個人事業主として銀行からカード借りた場合

個人事業主として銀行からカード借りた場合は年収によって融資額は大きく変わります。

会社に雇用されている人と個人事業では、収入の安定度というのは大きく異なるので、個人事業の場合はどれだけ安定して、大きな年収を稼ぐことが出来ているのか、ここが大きなポイントになります。当然、安定して大きな年収を稼げている人ほど、銀行から大きな融資を受けることができます。

一般的に個人事業に対する融資というのは審査が厳しい傾向にあると言われていますが、これは本当に人によると言えます。個人事業でも安定して年収を稼げている人なら、雇用として収入を得ている人よりも、有利に銀行からお金を借りることは可能ですし、逆に個人事業の成績が悪い場合は雇用として申し込みをしている人の方が有利になるものです。個人事業主として銀行からカード借りた場合にどのくらいの金額を希望するのか、これによっても審査の難易度は変わってきます。例えば、銀行というのは総量規制の対象外なので、個人事業の人が小口融資を希望して申し込みをするなら、それは審査に通りやすいことが言えます。収入証明不要のカードもあるので、このような内容で申し込めば、個人事業の収益はさほど考慮されないので、審査は合格しやすいです。

しかし、大きなお金を借りたいと思う場合は、やはりしっかりと収入証明を提出して、自分の返済能力の評価を高く得る必要があるので、必然的に個人事業の成績が重要となります。このように個人事業主として銀行からカード借りた場合というのは、本当にそれぞれの申込者の個人事業の成績から、どのくらい年収を稼ぐことが出来ているのか、ここが大きなポイントです。大きなお金を借りたいなら、それだけの返済能力を証明するためにも、個人事業でしっかりと良い成績を出すことが重要となります。また、少しでも合格の可能性を高めるのであれば、借金を持っていないことが望ましく、金融機関の信用が落ちていないことも重要です。